プロフィール

ヴィシュヌ。

Author:ヴィシュヌ。
【生息地】
世田谷寄りの川崎

【特徴】
カレーとパンとスイーツ大好き!
とくにインド贔屓。
とりあえず美味しいお料理とお酒があればゴキゲン♪

コメント、TB大歓迎です!
ただし、記事の内容と全く関係の無いものや、他者に不快感を与えるものは削除させて頂く事もありますのでご了承下さい。

日々のつぶやき
最近のコメント
過去記事一覧
Bookmark
このブログをリンクに追加する
CATEGORY
ご連絡等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.24    カテゴリ:  インド旅行2010 

   2010年インド・リシケシ修行の旅<その5・ヨガニケタンで修行>

2010年インド・リシケシ修行の旅
<その1・出国> <その2・ちょっとだけデリー>
<その3・ハリドワール経由でリシケシへ> <その4・リシケシ初日> 
の続きです。

まさか旅先で暗い時間に起きるなんて・・・ぐうたらヴィシュヌ。には想定外
でも、今回はこれも修行の一環でございます。

念願のアシュラム、ヨガニケタンでの一日について書きます。

一日のスケジュールはアシュラムの黒板やゲストハウスで確認できました。

   schedule.jpg

季節によって多少変わるようですが、ヴィシュヌ。の滞在中はずっとこのスケジュールでした。

5:00~6:00  メディテーション(瞑想)
6:30~7:30  モーニングヨガ
8:00~      朝食
12:00~      昼食
15:15~16:00  レクチャー
16:00~     ティータイム
17:00~18:15  イブニングヨガ
18:45~19:45  メディテーション
20:00~      夕食

   gate1.jpg

朝のメディテーションに参加するには、真っ暗なうちにこのゲートをくぐります。

   stairs.jpg

修行、修行、修行・・・と唱えながら延々と階段を上った先にまたゲート。
意外と?!セキュリティはしっかりしてます。

   gate2.jpg

ノートに名前とゲストハウスの部屋番号を書き、オジサンにIDカードを見せて通過。
ようやくアシュラムの敷地内に入れます。

   idcard.jpg

顔パスが通じるようになるまでは(笑)このIDカードが重要。
これが無いと、レッスンも受けられないし、ご飯も食べられないんですから。

   office.jpg

一番最初にIDカードを作るときは、このオフィスに立ち寄ります。
何日間滞在するのかを決め、前金で支払うそうです。
ヴィシュヌ。は短期滞在だったので、アシュラム内には宿泊できず
下界のゲストハウスに滞在していたのですが
12日以上の滞在が可能であれば、アシュラム内の宿泊施設が利用できます。

   guesthouse2.jpg

こちらがアシュラム内の宿泊施設のひとつ。お部屋のタイプもいろいろあるようです。

   niketan1.jpg

そして、ココが朝に夕に瞑想&ヨガでお世話になったホール。

   syugyo1.jpg

正面には偉大なるヨギーがお祀りされており、先生はその前の白い台の上で瞑想なさいます。
瞑想の前半は英語でチャクラの話などしてくださるのですが
語学力不足でせっかくのお話を半分くらいしか理解できなかったのが残念でしたorz

ヨガレッスンは思っていたよりハード。
頭立ちのポーズや片手だけで全身を支えるパワー系のポーズもあったりして
なかなか思うように体が動かず、初日は全身がバリバリ筋肉痛

日本では「無理しなくていいから、自分のその日の体調に正直に」と言われ
少し甘えながら、自然体でヨガをやっていたけれど
ヨガニケタンの先生たちは結構厳しく、まだ出来る!もっと!!
前屈とかでグイグイ体を押されることもありました。
アメリカやヨーロッパならともかく、インドでこんなにアグレッシブなレッスンが
待っていたとは・・ややカルチャーショックなヴィシュヌ。

でも、瞑想とヨガを繰り返すうち、2日目、3日目には徐々に集中力が増して
気持ち良い呼吸とアーサナをとれるようになりました。

   library.jpg

こちらは図書館。
残念ながらヴィシュヌ。は時間がなくて行けませんでしたが
ヨガレッスンの合間に、ヨガ関係の本を読んだりして過ごすことができます。
日本語の本もあるとか。

   garden1005.jpg

敷地内は緑がいっぱい。
瞑想とヨガの間の空き時間には、ここでまったりヨガやってました

   niketan2.jpg

長期滞在(っというか住んでいる感じ)のインド人のおじいさん、おばあさんが
毎朝ここでお祈りの儀式をしていました。
儀式や歌の意味とか、もっと詳しく聞いてみたかったなぁ~

   dining1005.jpg

そして、ココもと~~ってもお世話になった場所、食堂です。
ヨガニケタンでのお食事の話は、次にドドーンとまとめて書きますっ

  にほんブログ村 グルメブログ カレーへ   ←1日1回!ポチッとご協力お願いします~
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2010.10.17 13:40  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 歩々晴天 ~カレーとパンとスイーツ食べある記~ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。