プロフィール

ヴィシュヌ。

Author:ヴィシュヌ。
【生息地】
世田谷寄りの川崎

【特徴】
カレーとパンとスイーツ大好き!
とくにインド贔屓。
とりあえず美味しいお料理とお酒があればゴキゲン♪

コメント、TB大歓迎です!
ただし、記事の内容と全く関係の無いものや、他者に不快感を与えるものは削除させて頂く事もありますのでご了承下さい。

日々のつぶやき
最近のコメント
過去記事一覧
Bookmark
このブログをリンクに追加する
CATEGORY
ご連絡等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.14    カテゴリ:  インド旅行2010 

   2010年インド・リシケシ修行の旅<その3・ハリドワール経由でリシケシへ>

2010年インド・リシケシ修行の旅
<その1・出国><その2・ちょっとだけデリー>の続きです。

リシケシはデリーから北へ約250キロ。
バスを利用すると8時間ほどかかるようです。
自称セレブツアーのヴィシュヌ。は、ガイドさん&ドライバーさん貸切で怠慢移動。

   drive2.jpg

着々と建設されているという地下鉄。
次回来る頃(あるのか?)には、きっと全線開通していることでしょう。

   drive1.jpg

デリーの渋滞はスゴイ。
常に至る所でクラクションが鳴りっぱなし、コレじゃ意味無い気がww
でも、本人達はちゃんとルールに則ってクラクションを鳴らしているとか、いないとか。

   drive3.jpg

渋滞を抜け田舎道に入ると、今度はデコボコ道の衝撃
ズドン、ズドンとボディーブローがくるから、おちおち寝てもいられません。
ま、景色を楽しめたのでヨシとしよう。

そうこうしているうちに3時間経過し、休憩&ランチ。

   0503restaurant.jpg

MOOLCHAND RESORTS というキレイなレストラン。
中は、ファーストフードコーナーとレストランコーナーに分かれていました。

北インド、南インド、中華にオムレツ、ピザ、サンドイッチまで何でもアリです。
インド版リッチなファミレスといった感じでしょうか。
恐らく旅行者向けのレストランなんだと思いますが、ココならカレーが苦手な方や
インド料理に疲れた方でもOKですね。

至って元気なヴィシュヌ。は、前夜に引き続きベジターリーを。

「ベジデラックスターリー」 130Rs (約260円)
   lunch05033.jpg

プラスチックの給食のようなプレート。
パンは選べたので、ロティをつけてもらいました。そんなにオイリーじゃなくて美味

   lunch05031.jpg

ダルカレー2種とパニールカレー。
どれもいかにも北インドという感じのクリーミーで濃厚&塩分強め。
バスマティライスがあったのが救いでした

「チキンマサラ」 160Rs (約320円)
   lunch05032.jpg

リシケシに行くとベジ尽くしになってしまうから、今のうちにお肉を・・・と
ガイドさんが気を利かせてオーダーしてくれました。
ホロホロに柔らかい骨付きチキン、インドの鶏肉は身が引き締まってて美味しい
暑さにマケズたくましく育っているからかなぁ~

   hari1.jpg

ランチ後2時間半ほどデコボコ道をドライブし、ハリドワールに到着。
ヒンドゥー教の代表的な聖地のひとつです。

ガンガーが目の前に・・・それだけでもう大感激

   hari3.jpg

お祭りの時期でもないのに、インド中から巡礼者が沢山訪れています。
この沐浴風景は一年中見られるそうです。

   hari2.jpg

「沐浴しますか?」とガイドさんに突然言われ
まったくココロの準備が出来てなかったヴィシュヌ。全身は無理なので足だけ
外の暑さからは想像つかない程ガンガーの水が冷たくてビックリしました。

   hari5.jpg

流れが結構強いところもありました。子供達がチェーンにつかまるスリリングな光景。
コレって沐浴じゃなくて、水遊びでは???

   hari4.jpg

ガンガーの聖なる水を自宅に持ち帰るための容器です。
形も大きさも様々な種類が売られていました。
普通の川の水とは違い、ガンガーの水は何年たっても腐らない聖なる水であると
真剣に語るガイドさんの信仰心はスゴイなぁと思いました。

もっとゆっくりお寺回りをしたり、夕方のアールティを見たりしたかったのですが
今回は時間が無いのでオアズケ
一路リシケシに向け、車は走り出したのでした。


次は、いよいよリシケシに入りま~す

  にほんブログ村 グルメブログ カレーへ   ←1日1回!ポチッとご協力お願いします~

2010.05.22    カテゴリ:  インド旅行2010 

   2010年インド・リシケシ修行の旅<その2・ちょっとだけデリー>

2010年インド・リシケシ修行の旅<その1・出国>の続きです。

デリー空港に到着。
事前に聞いてはいたものの、あまりにキレイな空港でビックリ。
前に来たときは、真っ暗な中じ~~っとこちらを見つめるインド人の方々の目に
さらわれない?襲われない??ボラレない???と緊張が走ったのに。。。
なんだか、ちょっと拍子抜け。

延々と1時間近く荷物を待ち、のんびりマイペースの両替屋さんを待ち
やっと空港を脱出!出口でガイドさんと合流したら、そのままホテルへ直行です。
インドの空気を吸って、インドの風景を眺めながらのドライブ。
日曜だったので渋滞も比較的少なく、40分程でホテルにホテルに到着しました。

       hotel.jpg

デリーでの宿は、カロルバーグ地区にあるKARAT87。
テレビ、エアコン完備。
ホットシャワーが出るだけじゃなく、バスタブやバスタオルに石鹸
トイレットペーパーまでちゃんとありました

しか~し、早速の悩みが・・・
部屋の鍵が自力で開けられないんです
ホテルのスタッフさんに、何度もレクチャーしてもらったけど無理。
閉められるけど、開けられない。
部屋を変えてもらおうかとも思ったけど、一晩だけなのでガマンすることに。

部屋に荷物を置いたら、早速ご飯。
この日は、ニューデリー在住のサントーシーさんと再会&ディナーのお約束。
ホテルまで迎えに来てくださいました。

サントーシーさんとは、代々木公園のナマステインディアで初めてお会いし
その後、日本で美味しいミールスを食べ、インド話を色々聞かせて頂いた仲
そのサントーシーさんとインドの地でお会いできたコトに感激

   india10.jpg

すっかりインドの人となっているサントーシーさん
アチコチで大胆に掘り返された土の山や、水溜りを避けるのもお手のモノ。
ヴィシュヌ。は必死でついていき、オススメのターリー屋さんへ。

   india11.jpg

案内されたお店は Suruchi ベジタリアンターリーのお店です。
インドでは夕食は遅めにとる方が多いそうで、20時ごろの入店時は比較的空いていました。

   india13.jpg

メニューには、グジャラートターリー、パンジャーブターリー
さらには、北インドなのに、サウスインディアンターリーの文字もありました。
違いがよく判らないので、サントーシーさんが前回召し上がって美味しかったという
お墨付きのラジャスタンターリーに決定。

「ラジャスタンターリー」 225Rs (約450円)
   sIMG_5411.jpg

最初に空のプレートが置かれ、次々とお料理が配膳され、出来上がり!
真ん中のチャパティの上は、ダルのソースかと思いきや、お砂糖&甘いソース。
でも、デザートという訳じゃなく、料理と一緒に頂くもののようです。

   india14.jpg

お気に入りだったのが、写真上のじゃがいものカレーと冬瓜?&ダルのカレー。
北インドとは思えない癒される優しい味で、迷うことなくオカワリ~
ご飯は無いの?と思ったら、後からライスとお豆たっぷりのキチュリが来ました

帰る頃には店内は満席。お子様たちも夜遅いのに全然元気です。

最初から美味しいターリーにめぐり会い、いい旅が出来そうな予感
お言葉に甘え、サントーシーさんにご馳走になってしまいました。
どうもありがとうございましたm(__)m

サントーシーさんに値切ってもらい、刺繍のキレイなパンジャビを一着購入し
ホテルに帰り、スタッフの方に鍵を開けてもらい、部屋でリラックス。
いろんな方にお世話になりっぱなしの初日でした。

翌朝、朝食前にホテルの近くをお散歩

   delhi1.jpg

道路の砂埃にインドを実感しました~

   delhi7.jpg

マクドナルドにピザハット、チェーン店がどんどん進出してるんですね。
マックがファミレスって・・・笑えます。
日本人向けニューオータニならぬ、デラックスオータニホテルも

   delhi5.jpg

カロルバーグ地区では、インド名物のら牛さんは見かけなかったけど
のら犬クン達は、暑さのせいか朝からグッタリ。

   delhi6.jpg

お仕事前(サボリ?)のオジサン達は、朝からチャイ屋でまったり。
こういう光景、なんとなく好きです。

今回のデリーは、残念ながらここまで。
メインの修行に入るため、車でリシケシへ向かいま~す

◆◇◆◇◆≪お店の情報≫◆◇◆◇◆
Suruchi
住所:15A/56 Opp.Lane to Roopak Store,Ajmal Khan Road,
    Karol Bagh,New Delhi
電話番号:+91-11-45000200
営業時間:ランチ 11:00-16:00 ディナー 19:00-23:00
HP:http://www.suruchirestaurants.com/index.html

  にほんブログ村 グルメブログ カレーへ   ←1日1回!ポチッとご協力お願いします~

2010.05.18    カテゴリ:  インド旅行2010 

   2010年インド・リシケシ修行の旅<その1・出国>

今年のGWは「修行の旅」と銘打って、17年ぶりのインドへ。
行こうと思い立ったのは、4月の中旬。
ネットをフル活用し、フライトとヨガアシュラムへの移動・滞在がセットになっている
なんとも便利なヨガツアーを発見し、ダメもとで申し込みするとあっさり予約成立。

これはインドに呼ばれているに違いないっ・・・と超ポジティブな思い込み

査証取得も怠けて旅行会社のお世話になり、あっという間に準備完了。
あまりにあっけなくて、インド行きの実感がイマイチ湧かないまま
5月2日、成田空港で最初に会ったのは・・・

   india2.jpg

流行りのゆるキャラ「クウタン」 サングラスがビミョーww

気を取り直して、搭乗便をチェック。

   india1.jpg

あった、あった!DEHLIの文字にようやく少し旅モードに突入。
出国手続きを済ませコーヒー飲んでると、腕時計を忘れた事に気付く
普段は携帯電話を時計代わりにしてるけど、旅先だとコレが不便なんですよね。
これまでもソウルやバリで500円以下の時計を買って過ごしていたけど
サスガにインドじゃ、すぐに時計は見つからないかも・・・ってことで
早速の予期せぬ出費だぁ~成田空港でSwatchを買う。4,950円ナリ。

   india3.jpg

トラブルがあって以来、機体が良くなったという噂のエア・インディア

   india4.jpg

座席は結構ゆったり。はい、間違いなくJALよりは広いかと。

   india5.jpg

なんと、エコノミーでも10.6インチのタッチパネルモニターが搭載されていました

機内はエアコンギンギン。寒いよぉ。。。
隣が空席だったので、ちゃっかりブランケットを拝借し、全身グルグル巻きに。
寒い・・・眠い・・・と戦ってるうちに、機体はいつの間にか離陸し、安定飛行。

   india6.jpg

修行に入る前の最後のアルコール(笑)
出てきたのは何故かシンガポールのTigerビール。

   india7.jpg

一緒についてきたチャナ豆のスナック。
コレが酸っぱくて、辛くってなかなかHITでございました
ニコニコしながら食べていたせいか、もっと欲しい?と何度も聞かれるから
つい調子に乗って、行きも帰りもお土産用にオカワリしちゃいましたww

   india8.jpg

そして、やって来ました~機内食
Japanese or Chicken?という選択肢しか与えられず(ベジは数が少なかったみたい)やむなくチキンをチョイス。

   india9.jpg

2種のカレーは、チキンカレー&じゃがいもとピーマンのカレー。
水分少なめ、辛さはマイルドで万人が食べやすい仕様。
付け合わせは、「がんも」と「ボイル海老」インドに「がんも」ってあるのかしら?

一番美味しかったのは、ガジャルハルワ
人参をミルク&カルダモンなどのスパイスで柔らかく煮込んで作ったデザートです。
美味しくってアップ写真撮る前に食べ終わってました

食後はボリウッド映画でも見よっかな~と思ったら、音が聞こえないっ
隣の席のヘッドホンで試すも状況は変わらず。。。
もしや、この席が悪い?と隣の席で2つのヘッドホンを試すも全くノーサウンド。
キャビンアテンダントのお姉さんに訴えると、待っててと言われたままず~~っと放置プレイ。

あぁ、インドだぁ・・・

問題は自力で解決するしかないっ!
トイレに行くついでに、キャビンアテンダントさんにヘッドホン交換を熱く直訴し
3つ目にしてようやくまともなヘッドホンを獲得できました

「RANGEELA」という恋愛モノのインド映画を見たり、ボリウッドの音楽を聴き
残りの機内生活を快適に過ごしてたら、約8時間のフライトはあっという間でした。

ついに、デリー到着です!!

続く・・・

<備忘録>
機内は超乾燥&寒い。多目の上着やストール、のどあめ、リップクリーム、ぬれマスクがあるとよい。

 にほんブログ村 グルメブログへ  ←1日1回!ポチッとご協力お願いします~


Copyright © 歩々晴天 ~カレーとパンとスイーツ食べある記~ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。